【画像】小学生の双子暴行で逮捕、友弘修司容疑者(ボディービルダー)の肉体美…

Mr.ポポ ライター : Mr.ポポ   

小学2年の双子の男児(8)に暴力を振るい次男に重傷を負わせ、長男は公園での"トレーニング"中に昨年4月に意識不明の重体となった事件。傷害と暴行容疑で、双子の母親の元交際相手、友弘修司容疑者(35)が逮捕された。
逮捕された友弘容疑者は、過去にボディービル大会に入賞するほどの肉体の持ち主で、調べに対して「怪我をさせるつもりはなかった」「トレーニングのつもりだった」と供述している。一体、どんな人物なのだろうか。

友弘修司容疑者、ボディービル大会で入賞実績

友弘修司facebookより

東京都府中市晴見町に住む友弘修司容疑者は、日頃から自らの肉体を鍛え上げており、そのトレーニングを交際相手の双子の子どもにも強要したとみられている。フェイスブックにアップされている写真を見るとお分かりのように、かなり鍛え上げられた肉体美の持ち主である。

友弘修司インスタグラムより

こちらは友弘修司容疑者のインスタグラムの写真。トレーニングの様子や、自らの肉体を自撮りしてアップしている。「男なら鍛え上げられた肉体が必須」と子どもたちに日頃から伝えていたのだろうか。

フィジーク・オンライン『NPCJ BLAZE OPEN 大会結果』を見ると、2016年5月に『メンズフィジーク +175cm』6位に友弘修司容疑者の名が挙がっている。自己満足で終わらず、大会に出場するなどの向上心も持ち合わせたようだ。

母親にSNSでトレーニング内容&結果を報告

友弘容疑者は15年8月ごろから兄弟の母親と交際を始め、友弘容疑者は母親に対して、兄弟に対して行ったトレーニングメニューや結果をSNSで伝えていた。

朝日新聞デジタル

友弘容疑者は、子どもたちの父親ではない。交際相手の子ども達に日常的に暴力を振るっていた。驚くのは「母親に対してトレーニングメニューや結果をSNSで伝えていた」ということ。というか、母親ってこの時何してんの?歯を折ったり、大きな怪我して帰ってくるのに放置?と疑問に思う方も多いだろう。

友弘容疑者は青年会議所委員にも就任/facebookより

当然ながら、ネット上では当然ながら友弘容疑者だけでなく、母親にも批判殺到。「母親も母親だわ」「お互いにヤバい」「子どもが可哀想過ぎる。」とのコメントが見られる。

警察に届出は双子兄弟母親ではなく、その親。

女性の両親が同8日、長男に関して昭島署に相談。 同署が長男の状態を調べる過程で、兄弟に対する今回の事件が発覚した。

朝日新聞デジタル

これは救いようもないことだが、警察に通報したのは母親ではなく、母親の両親。母親は事件性が無いと見ていたのだろうか、己の非を隠そうとしていたのだろうか。

「母親同罪じゃない?」「どうしようもないな。母親捕まらないの」と疑問の声が挙がっている。


事件・逮捕 #ボディービル #児童虐待

関連記事