渋谷バレエ教室で起こった指切断事件、橋本浩明容疑者とは?当日勤務の女性講師と過去にトラブルか

Mr.ポポ ライター : Mr.ポポ   

7月6日午前8時半すぎ、「東京・渋谷区のバレエ教室で、女性の指を切断した」と、男の声で110番通報があった。

現行犯逮捕されたのは、過去にバレエ教室に通っていた川崎市の自称・整体師の橋本浩明容疑者(41)。橋本浩明容疑者とバレエ講師との間にどのような因縁があったのか、事件が起こったバレエ教室はどんなスタジオだったのか注目を集めている。

整体師(自称)橋本浩明とは

橋本浩明

web.archive.org

橋本浩明容疑者は、川崎市に住む自称・整体師。警視庁によると、過去にバレエ教室に生徒として通っていたとされている。

「練習への参加を拒否されるなどしたので恨みがあった」

NHKニュース

橋本容疑者は、「練習への参加を拒否されるなどしたので恨みがあった」「去年9月に口論になった」と語っており、バレエ講師との間にトラブルがあったと見られる。

明らかになっているトラブルの原因とは

去年10月ごろ、弁護士を通じてバレエ教室側から文書で退会を求められていた
去年9月の発表会に向けて「補講があることを教えてくれなかった」

捜査上では、橋本容疑者は一昨年からバレエ教室に通ったが、「退会を求められていた」「補講があることを教えてくれなかった」ことが明らかとなっている。

バレゾナンス東京バレエスタジオとは

バレゾナンス

事件があったバレエ教室は、バレゾナンス東京バレエスタジオ渋谷教室(住所:東京都渋谷区渋谷3-6-19 第一矢木ビルB室)

「男性多数で未経験の大人でも始めやすい」

バレゾナンス東京バレエスタジオは「男性に優しいバレエ教室」とうたっている。

また、事件があった時間帯にバレエ教室に通う生徒については「教室に通うのは女性が多いですが、仕事が始まる前に習いに来る男性もいました」と、講師の一人が証言している。

当日勤務していたバレゾナンス渋谷のバレエ講師とは

バレゾナンス渋谷

「きょうは9時20分から朝のクラスやっていたはず」(同じバレエ教室の講師)

JNN

7月6日朝のクラスは、9時20分からスタートする予定だった。事件にあったのは8時半頃。
事件との関連性は不明だが、バレゾナンスのホームページを見ると、7月6日の午前中の講師名が掲載されている。

バレゾナンス出勤スケジュール

当日、「由利」という講師が担当していることが分かる。4歳からクラシックバレエを始め、昭和音楽大学音楽芸術運営学科バレエコースを卒業した優秀な経歴の持ち主である。
「2014年4月より、バレエ講師活動を始める」とホームページ上に紹介されていた。

ネット上では「門戸を広げすぎた?」の声

バレエ教室での傷害事件について、ネット上で様々な意見が飛び交っている。

「男性増えると変な人も入ってきますよね」「もともと変な目的だった」「門戸を広げすぎた」などという意見も。

犯人の動機が不明なところが多いが、美しい女性講師に"好意を持ったが、断れた逆恨みか?という見方もされている。


事件・逮捕 #傷害事件

関連記事