元杉並区長・山田宏が”保育園落ちたブログ”を「落書きだ」と発言⇒ネット大炎上・・・

Mr.ポポ ライター : Mr.ポポ   

元杉並区長であり、夏の参院選で自民党公認候補の山田宏(やまだひろし)氏が、今話題になっている"保育園落ちたブログ"に対し、「生んだのはあなた。育児は親の責任」「落書きだ」と発言し、ネット上で大炎上の事態となっています。
このような発言をした山田宏氏とはどんな人物なのか山田氏のプロフィールや、過去どのような実績がある政治家なのか紹介します。

元杉並区長「保育園落ちた」ブログを「落書き」とバッサリ

president.jp

夏の参院選で自民党公認で比例区から立候補予定の山田宏・元次世代の党幹事長は3月31日、自民党東京都連の会合で、「保育園落ちた日本死ね!!!」の匿名ブログを「落書きだ」として「生んだのはあなたでしょう、親の責任でしょ、と言いたい」と発言した。朝日新聞デジタルなどが報じた。

ハフィントンポスト

夏の参院選で自民党公認で比例区から立候補予定の山田宏(ひろし)氏。
その山田宏氏が、3月31日の自民党東京都連の会合で、「保育園落ちた日本死ね!!!」の匿名ブログを「落書きだ」「生んだのはあなたでしょう、親の責任でしょ、と言いたい」と発言したことより、ネットで炎上の事態となっています。

このような発言をした山田宏氏とは一体どんな人物なのでしょうか。また、その発言の趣旨とは?

山田宏プロフィール

joqr.net

山田 宏(やまだ ひろし)
生年月日 1958年1月8日(58歳)
出生地 東京都八王子市
学歴 国分寺市立第三中学校、東京都立国立高等学校、京都大学法学部
職業 政治家
経歴 元東京都議会議員(1985年7月23日 - 1993年7月6日)、元衆議院議員(1993年7月19日 - 1996年9月27日,2012年12月21日 - 2014年11月21日)、元杉並区長(1999年4月27日 - 2010年5月31日)

山田宏(やまだひろし)氏は、東京都議会議員(2期)、東京都杉並区長(3期)、日本創新党党首、大阪市特別顧問、大阪府特別顧問、衆議院議員(2期)、次世代の党幹事長を歴任するなどの実績を持つ政治家。松下政経塾の第2期生でもある。

趣味はダイビングで、サザンオールスターズの愛好家。
スポーツでは、都立国立高校、京都大学時代でラグビー部に所属しており、ポジションはCTB。ラグビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟では2013年より副会長に就任。

杉並区長時代に数々の実績を挙げた人物

日本で初めての「住民税の減税自治体」「住民税の無税自治体」を実現する「減税自治体構想」を発表し、2010年、「杉並区減税基金条例」を成立させた。

Wikipedia.org

山田宏氏は、杉並区長時代に、日本で初めて「減税基金条例」を成立させて人物。
これは毎年一定の予算額を積み立てし、2020年度から住民税を10%減税し、将来は住民税をゼロにするという構想。この条例は賛否両論はあったが、実現力のある政治家と一定の評価も。(2011年後任区長が条例を廃案)

杉並区を待機児童ゼロにしたという実績も?

私も杉並区長時代、相当苦労した。その結果、区議会の自民党の皆さまとも協力させていただいて、一時、待機児童がゼロになったこともあった。

産経ニュース

これは山田宏氏が3月31日の自民党東京都連の会合での発言要旨。
実際に山田宏氏が杉並区長時代に多額の税金を使って、待機児童を一時的にゼロにしています。

「保育園落ちた日本死ね!!!」の匿名ブログを「落書きだ」「生んだのはあなたでしょう、親の責任でしょ、と言いたい」と発言したことは、区長時代の経験から言える何かがあったのかもしれません。

ネット上では「保育園は育児放棄?」の声

「これが正論なら,「じゃー,産まない」も正論」
「保育園落ちたから、育児放棄したわけではないと思うんだけど…。なにがいいたいのかな??」
「保育園に入れるイコール育児放棄になるわけではない。」
「まあこれが自民の本音でしょうね。働かせて税収増やしたが保育園問題は自己責任って突き放す」
「一億層活躍を掲げた以上女性が社会で活躍できるように整備していくのは政府の責任。」

ネット上には以上のようなバッシングが多数寄せられている状況。
多くは、「確かに育児は親の責任であるが、保育園に入れるのは育児放棄ではない」「国が一億層活躍を掲げているなら整備するのは国の責任」との意見。

自民党が次の参議院選挙で公認候補として発表している限り、世間には山田宏氏の発言は、自民党の発言として捉えている方も多いよう。

世間中を敵に回した山田宏氏の発言。今後も待機児童問題について議論が過熱するのは間違いなさそうです。


トピックニュース #政治家 #炎上

関連記事