南海トラフ巨大地震にも影響、地震の原因となる”ひずみ”がたまりやすい地域とは?

Mr.ポポ ライター : Mr.ポポ   

地震の引き金になるとされる地盤の「ひずみ」がたまりやすい地域が、京都大防災研究所の西村卓也准教授のデータの解析から明らかになりました。
地震の原因となる「ひずみ」とは、一体どういうものなのでしょうか?"ひずみ"のたまりやすい地域の一覧ついてまとめています。

地震の引き金、"ひずみ"がたまりやすい地域が明らかに

asahi.com

地震の引き金になるとされる地盤の「ひずみ」がたまりやすい地域が、山陰や四国、近畿、南九州などにある

朝日新聞デジタル

地震の引き金になるとされている地盤の「ひずみ」。
その「ひずみ」がたまりやすい地域が"ある場所"に存在していることを、京都大防災研究所の西村卓也准教授がGPSデータの解析から明らかにしたと、朝日新聞が25日報じています。

地震の引き金となる「ひずみ」とは

プレートが沈み込むことなどで地盤に力が加わるとひずみがたまる。ひずみは断層がずれて地震が起こる一因と考えられている。

朝日新聞

"ひずみ"は潜り込みに引きずられた陸のプレートに蓄積し、元に戻ろうとする時に地震が発生すると分析されています。

"ひずみ"がたまりやすい地域とは

headlines.yahoo.co.jp

西日本の約600カ所で、東日本大震災前の2005~09年に観測されたデータを使い、ひずみのたまりやすさを調べた結果は、以下の通り。

ひずみがたまりやすかった地域 1.山陰の島根県東部から鳥取県にかけて
2.四国の中央構造線断層帯沿いや高知県東部
3.近畿の和歌山市周辺や淡路島から神戸、京都を通り福井市付近にかけての帯状のエリア
4.九州の鹿児島県北部から宮崎県南部にかけて
5.熊本地震の震源域になった布田川(ふたがわ)、日奈久(ひなぐ)の両断層帯付近

1923年以降に起きたマグニチュード6以上の地震の震源を重ねると、多くがひずみがたまりやすい地域で起きていたことが分かる。

ひずみの場所は南海トラフ巨大地震の想定範囲内

ひずみの場所はほぼ、政府が南海トラフ巨大地震の震源域として想定する範囲内。

朝日新聞

ひずみの場所はほぼ、政府が南海トラフ巨大地震の震源域として想定する範囲内とのこと。

南海トラフ巨大地震の一つ東海地震の想定震源域の南西側にあたる愛知県沖や、1940年代に起きた二つの大地震の震源域から南西側に延びる四国沖にも、大きなひずみが広がっている。

心配されるのは政府の原発政策

あらゆるメディアにて、四国の沖合で強いひずみが確認されたことが報じられているが、何もアクションを起こさない四国電力にネット上では疑問の声も。

さらには小沢一郎氏のTwitter公式アカウントにおいても、政府の原発政策についてコメント。「海上保安庁の調査で明らかになった」にもかかわらず「福島事故も九州地震も彼らの頭の中ではつながらない。絶望的である。」と批判している。


トピックニュース #地震

関連記事